2008年09月26日

第二幕はあるのか〜小泉純一郎の場合〜

 小泉が引退を表明した。このブログでも一年ほど前にエントリーしたが、世襲のための引退である。シナリオ通りの引退であり、これを「サプライズ」などと言うのは茶番だ。ただ、意外だったのは、麻生内閣発足の翌日に明らかにしたことだ。「小泉的」改革を否定する発言を続けた麻生への面当てだった言う見方も報じられている。本当のことは小泉に聞くしかないが、今日の公式引退表明で質疑を受け付けない可能性もあるし、ましてや面当てだったと自ら語るはずもないだろう。自身の引退を華々しく表明すると言うよりも、息子進次郎のメディアへのお披露(紹介)目的の色彩が強い会見になるのではないだろうか。

 引退理由に関しては、続きを読む
タグ:戦略 政治
posted by KENKOU at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

使わない公衆電話にもあなたのお金が使われている

 最後に公衆電話を使った日を覚えているだろうか。
 生活環境などにも因るのだろうが、「そう言えば」という人も少なくないはずである。最近はGSMが利用出来る携帯電話が多くなったこともあり、海外に旅行しても携帯電話(決して安いとは言えないが、日本からの電話を直接受けられるのは魅力的)でという人もいるだろう。そうすると、続きを読む
posted by KENKOU at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

私が妄想した自民党が総選挙で勝つための総裁選戦略

 また新しい、日本の総理大臣が生まれる。
 歴史の勉強という面からすれば、甚だ迷惑な話だ。受験勉強のために必要以上に人の名前など覚えたくないからだ。今を生きる人間でさえ、「安倍」以外のアベを記す人が少なくない。新しい総理総裁を選ぶお祭りが、日本の未来にとって有益な「イベント」であれば喜ぶべきことなのかもしれないが、92代目の総理大臣は長くても数ヶ月、おそらく数週間が濃厚な現在とあっては、未来の学生たちは21世紀初頭の日本をどのように思いを馳せるのかの方が気がかりだ。とは言え、後期高齢者の方でさえ、100代目の顔を拝めそうな「勢い」であるのも確かだ。
 そんな風に思うのは、結果が明らかであると言うよりも、魅力ある候補がいないばかりか、国民の審判である来るべき総選挙に勝てると思える候補がいないからだ。

 福田が辞任を表明した翌日、自民党が総選挙に勝つには二人の候補が、続きを読む
タグ:選挙 自民党
posted by KENKOU at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

「300日問題」の解消は全て良しなのか

 いわゆる300日問題だが、
 増田総務相は27日午前の閣議後の記者会見で、民法772条の「300日規定」の影響で無戸籍となった子らを住民票に記載するための3基準を発表した。
(中略)
 基準は、〈1〉出生証明書などで日本国籍を有することが明らか〈2〉300日規定によって出生届を提出できず、戸籍に記載されていない〈3〉裁判所で強制認知の手続きなどを進めている――の三つだ。
[無戸籍の子に住民票、「日本国籍を持つ」など3条件発表 (読売新聞)]
で、前夫の了承がなくても続きを読む
タグ:モラル 法律
posted by KENKOU at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

七日後現場で感じたこと

 駅を出て少し歩くと、あの香りがした。少なくとも日本人ならば、寺院もない場所で、線香の香りがすれば、「何かあった」と想像するだろう。
 いつもの賑わいだと感じたが、この町を訪れる人が、ちょうど一週間前にこの先で何が起きたかを知らないはずはなく、囁く声、そして口元を抑える女性の顔が、現場が近づいている事を否応なく感じさせる。

 ちょうど現場前の横断歩道前には、脚立に乗って撮影する複数のカメラマンが、混雑を更に酷くした。現場にはたくさんの花やペットボトル、線香に加え、テレビカメラや夥しい量のスチールカメラが、いかに大きな事件が起きたかを現していた。aki061508.jpg

 事故現場横のソフマップ前の献花台には、続きを読む
タグ:事件
posted by KENKOU at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

アキハバラという町。

 秋葉原で無差別殺人があった。だが、町を歩いていた人たちも、許せない犯人も、訪れたのはアキバ、アキハバラ、AKIHABARAだったのだろう。もし、私が最初に行った町のままだったら、電気街だったら、土地勘があまりないと思われる犯人が、車で向かうことはなかっただろう。人が集う「スポット」だから、標的を合わせたのだろう。

 ずっと前に、遅くともヨドバシカメラ マルチメディアAkibaの開店が、秋葉原から「電気街の」を取り除き、akibaにした。

 かつて、続きを読む
タグ:事件
posted by KENKOU at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

G00GLEがS0NY買収へ

 G00GLE Japanのサイトによると、G00GLEがS0NYを買収することが決まったそうだ。ただ、規模が規模だけに、以前からS0NYに出資していたドバイの政府系ファンド(ドバイ・イソターナショナル・キャピタル)をはじめアラブ系政府系ファンドなど、比較的長期の資金が充てられるという。

 G00GLEがS0NYに目をつけた最大のポイントは、携帯電話サービス参入の端末提供メーカーとしてS0NYエリクソンが適切だと判断したことによる。もちろん、G00GLEが提供する携帯電話のプラットホームの「And0roid」は、オープンソースであり、iPhoneのように独占提供するビジネスモデルではない。ただ、リファレンスデザインとなる機種の必要性から、S0NYに白羽の矢を立てた。G00GLEの広告ビジネスの収益に陰りが見えてきたという報もあり、新たなビジネスへの布石と言えよう。

 第二四半期には続きを読む
posted by KENKOU at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

子供の時も、オトナになっても騙された?

 今年も残すところ20日を切ったので、来年のことを言っても鬼は笑わないだろう。エポック社の野球盤が来年で発売50周年を迎えるという。最初に遊んだ世代は、そろそろ定年を迎える世代の人たちだ。累計で1000万台も販売されたと言うから、遊んだ人はその何倍にもなることだろう。ファミコンが発売されるまで、つまり1980年くらいまでは、それなりの人気があった様だが、歴史の半分に当たる四半世紀は主役になることはなかった。
 記念モデルが発売されると言うが、最初に遊んだ世代(団塊世代)目当てなのだろうか。お孫さんに買ってあげたところで、PS3などのHDゲームで遊んでいる子ども達ではなくても、見向きしないだろう。

 私自身は余り遊んだ記憶がないのだが、「あれ」を見たときの「衝撃」の記憶は忘れられない。ネットを探ってみると、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

「あの料金」はなぜ隠されているのか

 無くなるようで、なかなか無くならない料金がある。日本人のほとんどが所有していると言われながら、別料金になっている「あの料金」。

 「あの料金」は、総支払額の5%から10%近い割合を占めるにもかかわらず、その課金には無頓着な人が多い。「あの料金」は、料金値下げ競争が騒がれながらも、聖域化されてきた。「あの料金」は、ほとんどの人が利用しているにもかかわらず、ずっと「別料金」だった。

 「あの料金」とは、続きを読む
posted by KENKOU at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

「謝謝」の先にあるもの

 中国で開催されていたフットボールの女子ワールドカップは、今日のドイツ-ブラジル戦で幕を閉じる。日本代表が予選で敗退したからと言うより、日本戦ですら地上波での生中継は一戦のみと言う「無関心」からも、盛り上がりに欠けたのは否めない。

 「なでしこ」という言葉の私のイメージとメンバーの容姿とのギャップや、元女子日本代表の解説という名の絶叫などに、違和感を感じていたため、個人的には興味を持っていなかった。後で記す「騒動」に関しても、続きを読む
posted by KENKOU at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。