2007年01月15日

法に基づいて

 全く関連のない事柄でも並べて考えると違って見える、そんなことがあるように思う。
 宮崎県の養鶏場「谷口孵卵(ふらん)場黒坂農場」で鳥インフルエンザが発生した問題で、農林水産省は14日、同養鶏場に残る約8100羽を殺処分したと発表した。
 県は15〜16日、今月10日以降にすでに死んだ約3900羽とともに焼却し、養鶏場を改めて消毒する。
 養鶏場で、H5型の高病原性鳥インフルエンザが確認されたため、県が、家畜伝染病予防法に基づく防疫措置として殺処分を実施した。
[鶏8千羽、殺処分…宮崎・鳥インフル発生の養鶏場(読売新聞) より引用]
続きを読む
posted by KENKOU at 02:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

企業は公器ではないのか

 不二家の社長が退任を表明した。この社長は創業者の藤井林右衛門氏の孫であり、同社は創業一家で経営が行われてきた。政治家と違い、「同族経営即ち問題」だとは言えない。同族経営ならではのメリットも少なくないだろうが、先のパロマや日本ハムなどの事件を考えると、同族経営故の弊害も少なくないのも事実だ。

 ただ、パロマの経営陣は、対応にも多くの問題があったが、退陣をしていないのは株式の公開をしていないと言うのも大きな理由の一つだ。公開が不祥事を少なくするとは言い切れないが、公器として企業の健全さを示す一つの指標となりうるだろう。
 一方で、買収を恐れたり経営の自由度を増すために、ここ数年、公開を止める企業が相次いでいる。

 経団連会長の御手洗氏も続きを読む
posted by KENKOU at 01:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

震災から学んだこと、そして

 9月1日が防災の日であるのは、この日に関東大震災(関東地震)が発生したからである。しかし、発生したのは1923年であり、実際に経験したり、被害を目にし未だ記憶に残っている人はごく僅かであろう。

 やはり、日本人にとって大震災と言えば、阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)だろう。発生して今年で12年目となるが、1980年代以前に生まれた日本人にとって、忘れられない出来事の一つであろう。この二つの震災を亡くなったり行方不明の人数で比較すると、10万5千人と6千4百人と被害の「数」では大きく違う。しかし、多くのことを学んだ人は少なくない。今日一月十七日は、慰霊すると共に、災害について学ぶ日にしたい。

 阪神・淡路大震災を契機として続きを読む
posted by KENKOU at 22:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

どうすればICUから出られるというのか

 日本の今の政策金利は、無担保コール翌日物の誘導水準を指すが、未だに公定歩合だと言いきり、それで論じるコメンテーターがいるのには驚いた。司会者もアナウンサーもその事に気が付かないというか、そのまま話が続いていた。その後訂正があったのかは不明だが、多くの人が訳も分からず、金利を上げるべきだとか、下げるべきだと論じているのだろうか。

 日経新聞出身のあの幹事長にどの程度の見識があった上で、政策金利のことを言っているのかは不明だが、政府とは独立した機関であるはずの日銀の政策金利の決定に口を出すのには、異常としか思えない。
 更に、村上ファンド問題でスネに傷のある日銀総裁が、政府の介入に屈してしまうのは如何な物か。以前記したように、早急に退陣すべきである。

 とりわけ不可解なのは、続きを読む
posted by KENKOU at 23:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 金融 | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

答えなんてすぐ出るはずがない

日よりは少しくらい良くなるように心がけねばならない。

 たとえば、教育の再生とやらでは、続きを読む
posted by KENKOU at 23:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

「教育者」という名のタレント

 「坊主憎ければ袈裟まで」と言うわけではないが、安倍の周りには変な取り巻きばかりだ。昨日触れた教育再生会議の面々も同様だが、とりわけ義家弘介氏を選ぶなどは、前総理と同じく(ほとんどの政治家かも)「有名人」好き以外の何ものでもないだろう。

 6年程度の教員生活で教育を語るのは、安倍(神戸鋼への勤務歴3年半)や小泉(民間勤務歴?)が民営化を語るのと同じで、私には滑稽に映る。研修や見習い期間を入れれば職務実績はわずかだろうし、自ら「教育者」と名乗ることに恥らいを感じないことこそ、本質的な問題ではないのだろうか。。
 「ヤンキー先生」としてタレント活動している限りは、続きを読む
posted by KENKOU at 23:12 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

「あるある」の投げかけた問題-1-

 「納豆売っていない」とか「納豆が売っていないのは"あるある効果"だ」と言うのも聞いていた。多くの人は、この種の「流行」には慣れっこだろう。ただ、「こんなこと」になっていると、気づいていた人は、ごく僅かだろう。

 この事件は、今問題になっている多くのことを考えさせる事件であり、「誰が、何のために、何の目的で」と言う風に考えると、非常に示唆的である。

 昨日になって突然、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

「あるある」の投げかけた問題-2-

 今回も、事前に流通サイドへ情報が流れていたようで、昨年12月21日付で情報が流れていたと言う。続きを読む
posted by KENKOU at 23:37 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

職業の上下

 今の日本の職業で、二つの階層がある。

 その区別は不祥事の時に、顕著になる。

 下層部に属する職業(業種)は、続きを読む
posted by KENKOU at 23:52 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

他人事ですますのか

 「あるある」のお詫びが、ネット局にも掲載されるようになった。札幌、東京、名古屋、大阪、福岡と言った比較的大都市では、福岡(テレビ西日本)のみ掲載されていない。

 体裁は各局同じなのだが、表現は若干違う。東海テレビのみが、関係者に向けたお詫びがない。ただ、極めて他人事であるのは、各局変わらない。この様なお詫びの文章は、代表者名が表記されていることが多いように思うが、社名のみである。何ら「責任がない」と言うことを暗に表現しているのだろう。
 怪しいビジネスなどで広告塔となったタレントが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

誰も変えようとしない

 「あるある」に出演していたあるタレントが、
私らはスタッフの作った台本に沿って番組を進行しているので
こんなことになるとは

逆にスタッフに裏切られた感じです
[ken's blog:残念です 志村けん公式ブログ より引用]
と自身のブログに記したことに対し、視聴者や「ご意見番」タレント達は、「悪くない」と擁護しているという。

 しかし、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

やっぱり美しくなれ(ら)ない

 「平成の大合併」の費用対効果が明らかになるのには暫く時間がかるとは思うが、やっぱりと思わざるを得ない。
 合併特例債を財源として、群馬県伊勢崎市が計画した国内最大級の観覧車について、総務省が特例債の使用が適当かどうかを確認するよう同市に求めていることが26日、わかった。(中略)
 同省合併推進課は、確認を求めた理由について、「合併市町村の一体性ある事業といえるのかどうか」としている。
 同市は昨年、2005年1月に4市町村が合併して発足した新市のシンボルとして、冷暖房を完備したゴンドラ48台を持つ高さ88メートルの観覧車建設を計画。総工費は約9億9000万円で、市議会は昨年の12月定例会で、工事請負契約を賛成多数で可決した。
[住民が反対の「10億円観覧車」…伊勢崎市が建設延期 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) より引用]

 伊勢崎市の財政状態は知らないが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

世論調査も方法次第

 「情けは人のためならず」という諺がある。今では、情けをかけると堕落してためにならないと理解している人もいるようだが、情けはをかけると巡り巡って、自分自身に戻っていくというのが、本来の意味である。勘違いしている人は、僅かだと願いたいが、言葉を使う以上、個々人による理解・認識に差があることはやむを得ない。

 その事を理解しないままの世論調査は、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

「古い国日本」を目指す日本の政治で良いのか

 国益を損なっていると言ったら言いすぎだろうか。

 今年の世界経済フォーラム(ダボス会議)は、地球温暖化対策が大きな議題になっていたようだ。石油をはじめとするエネルギー資源に乏しい日本にとって、省エネルギーは避けて通れなかった問題である。それだけに、様々な技術が開発され、省エネ先進国となった。
 そして、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

騒動はテレビに対する信頼ゆえなのか

 「あるある」騒動未だ止まずという感じだが、マスコミ、とりわけテレビメディアの信頼について、私の印象との乖離を感じた。

 以前にもエントリーしたが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

終わらない金融再編、そして回復できないもの

 かつて、都市銀行と呼ばれる銀行グループがあり、13行あった。この都市銀行のCD/ATMを相互接続したネットワークはBANKsと呼ばれ、13と言う数字をつなげるとBankの「B」と読めることから、「B」という文字がBANCsのロゴにも使われた。その13行も、統合や破綻を繰り返し、みずほ、三菱東京UFJ、りそなと3つの金融グループとなった。10年ほどの間に。

 証券会社も大手四社という括りがあったが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 金融 | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

アキバ雑感

 秋葉原のパソコンショップ「PC-SUCCESS」が破綻した。
 このショップは1990年4月にオープンしたLaoxのザ・コンピュータ館の店長だった杉浦氏が開業したことで知られていた。開業当初は現在のじゃんじゃん亭当たりのビルの3階にあり、他のパーツショップとは違って、触れることの出来る展示が無く、店員との会話のない「売る」だけの店だった。

 秋葉原に同様の店がなかったわけではないが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。