2008年06月09日

アキハバラという町。

 秋葉原で無差別殺人があった。だが、町を歩いていた人たちも、許せない犯人も、訪れたのはアキバ、アキハバラ、AKIHABARAだったのだろう。もし、私が最初に行った町のままだったら、電気街だったら、土地勘があまりないと思われる犯人が、車で向かうことはなかっただろう。人が集う「スポット」だから、標的を合わせたのだろう。

 ずっと前に、遅くともヨドバシカメラ マルチメディアAkibaの開店が、秋葉原から「電気街の」を取り除き、akibaにした。

 かつて、続きを読む
タグ:事件
posted by KENKOU at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

七日後現場で感じたこと

 駅を出て少し歩くと、あの香りがした。少なくとも日本人ならば、寺院もない場所で、線香の香りがすれば、「何かあった」と想像するだろう。
 いつもの賑わいだと感じたが、この町を訪れる人が、ちょうど一週間前にこの先で何が起きたかを知らないはずはなく、囁く声、そして口元を抑える女性の顔が、現場が近づいている事を否応なく感じさせる。

 ちょうど現場前の横断歩道前には、脚立に乗って撮影する複数のカメラマンが、混雑を更に酷くした。現場にはたくさんの花やペットボトル、線香に加え、テレビカメラや夥しい量のスチールカメラが、いかに大きな事件が起きたかを現していた。aki061508.jpg

 事故現場横のソフマップ前の献花台には、続きを読む
タグ:事件
posted by KENKOU at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。