2007年08月08日

小泉再チャレンジ戦略を夢想する

 小泉が総理退任後、議員も辞職するのであれば、「小泉美学」を礼賛する人たちに同意できたのだが、辞職どころか「復活」の噂や希望観測が絶えない。「自民党をぶっ壊す」といったものの、破綻寸前の「自民党」を(アタシ的には創価学会と手を携えて)復活したのも事実だ。

 安倍がコントロール不能になり、とりわけ
民主党は8日の「次の内閣」で、国民新党が共同提案を呼び掛けている10月1日からの郵政民営化の凍結法案と、年金保険料の年金支給以外への流用を禁止する法案について、9日に参院に提出することを決めた。
[時事ドットコム:郵政凍結法案、9日提出=年金流用禁止法案も−民主 より引用]
と、小泉の象徴(≠悲願)でもあった郵政民営化を「ぶっ壊される」ということになれば黙ってもいないだろう。

 小泉がすぱっと議員辞職をしなかったのは、世襲予定である次男進次郎へ確実に議席を移譲するためだったのは間違いない。不用意な解散などで、自民党の他候補に流れないために議席を温めていたのだと想像する。
 次男は現在は、戦略国際問題研究所(CSIS)に所属しており、○○ロンダリング(Adjunct Fellowでも米国研究所勤務という経歴で箔が付く)も済み、準備中である。

 小泉は次期総選挙には出馬しない可能性が高いと言われているが、民主党の動き次第では、出馬の可能性があるような気がする。その際、神奈川11区は、次男に譲る事になると思う。そして、小泉は比例区から出馬するのではないだろうか。そして比例順位を余り高くない位置に自らを置き、得意のにワンフレーズで全国を回り、国民に飢餓感を煽ることになるのだろう。「国民」がどう言った判断をするかはわからないが、結果如何では再登板の可能性も大いにあるだろう。
posted by KENKOU at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50738433

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。