2007年09月13日

ネットカフェ難民予備軍の政治家たち

 総裁選を占ってみる。

 短期政権というか、選挙管理内閣であれば麻生という可能性もあるだろうが、麻生、谷垣の可能性は極めて低い。一番声の大きい麻生だが、狡猾なこともあり、譲ると見せて火中の栗は拾わない。年齢等を勘案すると、町村、高村が最後のチャンスと短期政権に色気を出すのかも知れない。
 ただ、来るべき総選挙を視野にすれば、小泉の再登板も気になるが、福田になるのが順当だろう。

 小泉だっだら選挙に勝てると思っている、安倍を同様の理由で支持した人(おばか)たちが、蠢いているようだが、参院選の敗因を全く理解していない。
 また、公明と連立を維持するのであれば、麻生、小泉は、創価との温度差が更に多きなる可能性が高く、選挙に勝つという目的からも外れることに気が付いていない。小泉の総選挙大勝の酔いから醒めない輩が少なくないのも驚きだが、創価票あっての小選挙区大勝だったという事に気が付いていないのは、政治家として失格だろう。

 ネットカフェ難民の元政治家が、あらわれないことを願うことにしよう。
posted by KENKOU at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。