2007年09月14日

いつだって候補者はいる

 麻生優勢というメディアがほとんどだったが、今のところ、昨日の予想はぴったり当たった。小泉は勝ち馬に乗ると思っていたが、早速と福田支持を打ち出したのには驚いた。投票日までにどんなことが起きるかにもよるが、この流れは変わらないように思う。

 世論の支持が高いのが麻生なのに、なぜ福田なのかという声も小さくないようだが、世論受けだけで政治が出来ないという事を、所属議員たちが認識したからなのだろう。個人的には、好きな政治家ではないが、前回の総裁選を見送った当たりは、絶妙である。
 公約を明らかにした候補者はもちろん、正式に立候補を表明した議員さえいない状態で、「決まり」というのはいかにも不透明だ。しかし、安倍にしても立候補を最後まで明らかにしなかったが、最初から「決まり」だった。
 そもそも、自民党の総裁を決定する訳だから当然といえば当然だ。

 ただ、安倍の轍を踏まないためにも、組閣が終わり落ち着いた時点で、総選挙を行うことを公約に入れるべきだ。その事の明示を条件にするくらいでないと、誰が就任しても短期間になり、政治が混乱する。

 安倍の代わりがいないと言われたが、数週間もあれば新しい総裁は産まれる。メディアも、政治家も、梗塞状態だと思わずにいられない。
posted by KENKOU at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55218364

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。