2007年09月17日

いつまで踊らさせているのか

 総裁選に対する有権者のコメントを見ていると、日本人の判断力(洞察力)の無さ、バランス感覚の無さを感じる。
 メディアや政治家の「キャッチフレーズ」に乗った形でしか、判断できない。メディアの夥しい、くだらない情報によるところも多いが、どうして自分で考えないのだろう。

 テレビ番組で、国会議員が状況を説明したりすることは、非常に大切なことだ。そして自らの主張を述べることも意味があると思う。しかし、コメンテーターとなって世の中のことを論評したりすることは、特別職とはいえ国家公務員がするべき事ではない。
 タレント議員という言葉が(時には侮蔑の意を込めて)多用されるが、タレントから国会議員になった人だけではなく、議員になってからタレントになった「タレント議員」も存在する。しかし、彼らは自身が「タレント議員」という自覚など無いだろう。

 新しい「タレント議員」とメディアが談合し、政治をドラマに仕立てるのが日常茶飯事となった。多くの人が政治に興味を持つことは、非常に大切なことだが、彼らの作り出したドラマでしか、政治が語られないことに、かつての「無関心」以上の危険性を感じる。

 しかし、リテラシーの低い、若しくは政治を高尚なものだと勘違いして無関心だった人たちは、限られたドラマの中で判断することによって(高尚な世界に参加していると)満足してしまっている。

 この筋立てられた政治劇場が、「古い」ものを嫌い「サプライズ」を求め続け、政治を歪めてしまっている。年齢や性別のことを考えれば、わかりやすい。若ければいいわけでもないし、女性だったらいいわけでもない。

 メディアと政治家に荒らされてしまった政治を、私たち日本国民はいつになれば取り戻すことが出来るのだろうか。

 と、踊らされている私に言われたくないとか・・・


 こう言うのを出すこと自体、政治家の能力(本能)が劣化していると言うことだと思うが、逆に言えば、議員のタレント化には危機感がないのだろうか。
 民主党が党所属の衆参両院議員に対し、メディアで政局絡みの発言を慎むように求める文書を13日付で出していたことがわかった。小沢代表が12日に「テレビ出演には気を付けてくれ」と党幹部に指示したのがきっかけで、事実上、テレビ出演の自粛を求めた格好だ。
 口頭での指示が徹底せず、中堅若手の出演が相次いだため、文書で徹底した。幹部の一人は「浮足だって、政局モードで動いている相手の土俵に乗ってはいけない」と話している。
[asahi.com:民主党、全議員にテレビ自粛令 より引用]

posted by KENKOU at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。