2007年02月13日

何を思って弔問したのか

 亡くなった警察官のことを書こうと思っていたが、もう少し調べたいと思うので、明日エントリーすることにする。新大久保駅での事件を含め、調べ、考えたい点があると思う。

 新大久保の時は、当時の森総理が弔問に出かけている。そして、その翌月、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | エントリー予告 | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

田中康夫と割り箸

 このタイトルエントリーをしようと思っていたが、田中康夫氏は昨日で退任してしまった。
興味のある方がいたらエントリーしてみようと思うが、続きを読む
posted by KENKOU at 06:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | エントリー予告 | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

消費者金融問題を考える

 明日は、消費者金融に触れた、今日の讀賣新聞の社説[消費者金融]「過剰貸し付けにもメスを入れよ」 に関してエントリーする予定です。
 消費者金融問題については、読売が唯一まともな記事を書いていると思う。
 消費者金融問題を考える上で、「みなし弁済」と「過剰貸し付け」に触れなければ、うわべだけの話になってしまう。

 今日の社説でも
 灰色金利での融資は、貸金業規制法によって、利用者が自らの意思で利息を返済することなど、一定の条件を満たす場合に限定している。
 ところが、利用者がこの規定を十分に理解しないまま融資を受けるケースが多く、支払った利息の返還を求めて業者を訴える紛争が急増していた。
多重債務者を生み出す業者の過剰な貸し付けにも、防止策を講じなければならない。
 懇談会は貸金業規制法には過剰貸し付け禁止の規定があるものの、罰則がないと指摘している。罰則を法律に明記し、抑止効果を高めるべきだ。
 1人当たりの融資額の総量に上限を設けるべきかどうかなど、結論が先送りされた課題も少なくない。6月の最終報告に向け、消費者金融が抱える問題全般にわたってメスを入れてほしい。
一番のポイントについて触れている。
posted by KENKOU at 22:52 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | エントリー予告 | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

エントリー予定のネタ

「わかりやすい言葉で政策を伝えたい」と経済産業省の現役部長が、役職と氏名を明示して開設したインターネットのブログが、3週間ほどで閉鎖に追い込まれた。反対の声もある電気用品安全法(PSE法)に触れたところ、書き込みが殺到したためだ。その上、ブログの更新が執務中だったことが問題視され、部長は大臣官房から注意を受けた。[asahi.com: 経産省部長ブログ「炎上」 PSE法巡り書き込み殺到 - 社会 より引用]


 ブログは削除されているが、谷みどりの消費者情報を見る事は可能。ただ、コメント等は削除されているので、電気用品安全法(PSE)関連ミラー保存サイトに頼る事になる。

 「炎上」「実名」など、私の引っかかる材料についてエントリーする予定である。
posted by KENKOU at 01:45 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | エントリー予告 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。