2007年06月06日

東京放送の劣化が止まらない

 昨年の夏の甲子園以降、風が変わった。そんな気がする。

 早稲田の斉藤、杉並学院(ゴルフ)の石川両選手である。楽天の田中も含まれるのだろうが、礼儀正しく、黒髪がポイント。一時的な「ファン」が少なくないと思うが、ファン層は、韓流スターとか亀田とかで騒いでいた層、そしてごり押しのメディア露出度だけは高い、ジャーニーズファンが流れているのではないかと思う。作られたスターから、かつての「好青年」に、嗜好が戻っているように思う。
 乗り換えたと言うより、飽きてきたんだろう。

 とは言え、「新」スターたちも、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

テレビを観て、勉強することもあります〜ご紹介したいドキュメンタリーとか

 テレビ番組を見なくなったというのを繰り返し書いているが、全く見ていないわけではない。むしろ、視聴時間は、昨年来増えている。ただ、多くが録画したものである。
 ニュースはBSやCSのストレートニュースはよく見ているし、アメリカのabc、nbc、cbsのイブニングニュースも録画して見ている。見ているというより、垂れ流しているという方が、正しいけれど。
 アメリカのニュースだけを観ているのかと思われるかも知れないが、定期的に自国内向けの同じ番組をほぼノーカット(abcはNHK BS経由なので一部カット)で見ることが可能なのは、アメリカしかないからだ。NHK BS1は多くの国のニュースを見ることが可能だが、大リーグをはじめスポーツ中継で、継続的な視聴が不可能だし、恣意的なカットを知る術がない。そして、時間もない。

 アメリカのニュースを見ていて感じるのは、日本の夕方のニュースがヤラセの特集番組を含め、2時間も放送している理由が理解できない。週末の30分版で十分だ。無駄な制作費と、視聴者に無駄な時間を浪費させている。椅子にずっと座りっぱなしの名だけの「キャスター」や何でも評論家も無駄だ。ただ、アメリカも川に迷い込んだ鯨をずっと追いかけていたし、広範囲薬剤耐性の結核菌に感染した男性の話題は大騒ぎだった。「感情的報道」という点では、日本とそう変わらない。

 ドラマに関しては、NHK BS2で23時から放送されているアメリカのドラマ、続編だが、ERMONKWITHOUT A TRACEもずっと見ている。HD放送されているLOSTPRISON BREAKも見ている。
 当然予算も違うのだろうが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

変わった

 テレビとつけたら、鬼束ちひろがでていた。
 新曲と「流星群」を唄っていたんだが、違う人だった。私が変わったのかと、CDで流星群を聴き直してみたが、「変わった」のは私ではなかったようだ。
 事務所や所属レーベルの問題だとかゴタゴタが色々あったのは伝え聞いていたが、目が全く笑っていなく、小林武史が「普通の人」に見えたというか、饒舌なのには驚いた。番組のインタビューでもいくつかの雑誌などを見ても、彼女が変わった本当の理由はわからない。ただ、以前聞いていた鬼束ちひろではないのは事実だ。

 歌手に限ったわけではないが、何らかの理由で活動を休止、再開をする「アーティスト」は少なくない。最近は顕著な気がするが、鬼束ちひろも「あの人どうなったのだろう」と、私が思っていたひとりだ。活動再開を徐々にしているのは耳にしていたが、ここまで印象が違うと再度聴きたいとは感じない。
 一度でもライブに足を運んでいればと、後悔する。

 このブログも徐々に再開しようと思います。
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

アキバ雑感

 秋葉原のパソコンショップ「PC-SUCCESS」が破綻した。
 このショップは1990年4月にオープンしたLaoxのザ・コンピュータ館の店長だった杉浦氏が開業したことで知られていた。開業当初は現在のじゃんじゃん亭当たりのビルの3階にあり、他のパーツショップとは違って、触れることの出来る展示が無く、店員との会話のない「売る」だけの店だった。

 秋葉原に同様の店がなかったわけではないが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

新庄は好きですか?

 また、テレビのチャンネルを頻繁に変えるようになった。

 周りでも、テレビを見なくなったという人が多い。番組の質が低くなったの言う声が多い気がするが、とりわけ、ドラマの質の低下は、著しいと思う。私自身は「韓流」ブームと言われるようになってから、つまらなくなったと感じている。設定が明らかに無理があるものが、少なくない。特に、前クールから初回放送の途中で消すことが多くなった。

 ドラマは見なくても良いし、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

空気って言えばいいのかな

 十年後とか二十年後に、「あの時行動しておけば」、そんな風に思う頃が来るのだろううか。それとも、心の中で「あの時」と心に思うだけで、口に出せないまま、この世から退場することになるのだろうか。

 小泉以降、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

2006 東京インターナショナルオーディオショウ

 アクセスログを見ていると、「東京インターナショナルオーディオショウ」探しが増えているようだ。これには理由がある。続きを読む
posted by KENKOU at 22:16 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

異常気象は今年も

 「お天道さまが怒っている。」そんなことを信じたくなるほど、天候が荒々しい。
 幸い、出かけたのは雷雨のあとだったが、ひどい雷だったし、電車は暫く止まっていたようだった。そう、10分ほどだったが、久しぶりの停電にも遭遇した。

 年々、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

コトバのチカラ

 高校二年生の時、知人が事故で視覚を失った。クラスも違い、事故で一年ほど休学していたので、彼が視覚を失ったと聞いたのは、高校を卒業してからだ。
 聞いたときは、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

謝るときは誠意をもって

 先日エントリーをした田中氏のメールの件だが、
つくづく、ブログとは深夜のメディアだと思う。田中康夫長野県知事からの返信メールにも、弊社への抗議メールは知事室で勤務中にではなく、午前1時に書いたとあった。なるほど、みんな宵っぱりで、明滅するディスプレーを眺め、キーボードに指を走らせているのか。[ブログはしばしお休み:阿部重夫編集長ブログ:FACTA online より引用]
と、訂正している。
 まぁ、予想していたとおりなのだが、こんな風にしか謝る事の出来ない雑誌の前途は多難だと思う。

 田中氏と編集長氏がどの位親密なのかは知らないが、一般の人への視点が欠けている。この雑誌の内容までが、内輪の同人誌レベルだと思われかねない。
 「ごめんなさい。」をきちんと言えないというのは、幼児以下(未満?)だと私は思う。
posted by KENKOU at 22:38 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

告白

 最初に申し上げます。ごめんなさい。
 ずっとお伝え出来なかった事をお伝えしたいとをお話しします。でも、いつまでも隠しておけると思っていた事はなかったと言う事も、ご理解下さい。
 本当に苦しかったんです。眠れない日も、ありました。朝、電車に乗るとき、今夜こそと何度も思っていたんですが、お伝えする事が出来ませんでした。

 このブログは、続きを読む
posted by KENKOU at 07:10 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

メールが届きました

 I子<4歳・仮名>さんからこんなメールが届いた。

続きを読む
posted by KENKOU at 12:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

日本の目と記憶

 昨日もエントリーしたが、オリンピックの開会式を見ていて、改めて日本の会社の作った商品、ビデオカメラとデジタルカメラのシェアの高さを感じた。選手団が、ビデオカメラやデジタルカメラで撮影しているのを目にしたからである。

 昨年の日経の調査によると、続きを読む
posted by KENKOU at 23:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

ヒトは自然のなにだろう

 自然がいのちを奪う。そんなことは、動物にとって当然なこと、かもしれない。

 今年は、雪が多いせいか、雪にまつわる事件が多いように感じる。
 地球温暖化だとか、異常気象だとか、人間の言葉で説明がつくのかもしれない。そして、先達の知恵で克服をしてきた。ただ、説明が出来ても、防ぐことが出来ないものは依然として残る。

 自身のいのちが燃え尽きるとき、「あぁ、自然のの一部だった。」と思えるのだろうか。それとも、自然に抗い、「もっと」としがみつくのだろうか。
posted by KENKOU at 23:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

分からないこと

 皇室典範の改正問題が騒がしい。私自身には全く興味がない話だが、政治の道具とすることを見るに付け、いい加減にしろと思う。
 染色体の話まで持ってきて、持論の「正確」さを主張する人もいる。科学なんて、特に生物科学などに「絶対」などあるというのか。新しい発見があれば、今日まで信じられてきたことが、「めざしの頭」になりかねない。科学の研究には敬意を表すが、その結果を都合よく使う人ほど、浅ましく感じることはない。

 天皇家の存続すら、戦後処理の裁量に任されていたのではないのか。利害関係の綱引きのような皇室典範の改正論は、何れの人も幸せにしないように思う。
 男系か女系かというのが、象徴天皇に影響を与えるのかと考えれば、簡単だと思うが。
posted by KENKOU at 23:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

年の初めに当たって

 年が明けて、一週間が経過した。この一週間を52回ほど繰り返すと一年という纏まりになる。
 新しい年というのは、何か過去がリセットされるような気がしてうれしい気になるが、何も進歩しない自身の言い訳だと気が付き落ち込む。昨年、量としては300回以上のエントリーをしたが、質としては納得いくものではないし、評価されるものでもない。

 サイトの価値はアクセス数だという話には、続きを読む
posted by KENKOU at 21:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

Merry Christmas!

 無宗教という宗教に洗脳されている私にとっても、クリスマスのときめきは特別なものがある。クリスマスを特別なのものだと感じるのに、イルミネーションと音楽は欠かせないものだ。

 オトナになるにつれ、続きを読む
posted by KENKOU at 02:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

いつものクリスマス

 荒井由美(松任谷由実)の作品に「ひこうき雲」という楽曲がある。意識して聞いたことはなくても、どこかで聴いたことのある曲の一つだと思う。

 私も何回か聴いたことはあったが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

役所の構造改革は採用から

 ある県の職員に聞いた話だ。「知事が代わってから、仕事がきつくなった。職員は不満ばかり言っている。」と。この首長は、「改革」を掲げ当選した。
 この事をどう見るか。続きを読む
posted by KENKOU at 23:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

あんな仕事は嫌だ

 アンケートで「子どもに就かせたい職業」と言うのを見たことはないだろうか。親が子どもに就かたい職業を思い浮かべるのは自由だが、強制するのは如何かと思う。
 しかし、「子どもに就かせたくない職業は」と聞かれれば、一番に上げたい仕事がある。
続きを読む
posted by KENKOU at 19:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

疑え!

 世の中で起きている様々な出来事で、私たちが出来ることは、「うたがう」ということ以外に無いようだ。

 ここ数年、The internetを中心として、多くの情報を容易且つ、安価に手に入れることが出来るようになった。情報の交通整理や目次が必要と思われたが、検索エンジンが高機能化等によって、解決されてきた。

 情報の信頼性は情報源によって担保されているはずであったが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:50 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

わないと、えないのハザマで

 ゼミの教授に「君、タバコは?」と聞かれたことがあった。
 私は無意識に、「吸えません。」と答えた。「どうして?」と聞かれ、「気管支が弱いので」とか答えたように思う。

 それ以来という訳ではないが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:35 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

ほめて欲しい?

 「好きなピアニストは」と問われれば、迷わず二人を挙げる。
 内田光子、そしてグレン・グールド。同じ曲をたくさん奏者で聴くようになったのは、この二人に因ることが大きい。私は、ジャンルで何が好きと言うよりも、心地よいものを好む。したがって、聴き比べることは、余り無かった。

 内田光子の演奏を初めて生で聴いたのは、続きを読む
posted by KENKOU at 23:17 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

落ち着かなくなる

 私は、九月の声を聞くとそわそわする。
 毎年、9月下旬から10月初旬のうち、金・土・日曜日の三日間に渡って、東京インターナショナルオーディオショーが行われるからだ。

 私は、輸入オーディオショーと呼ばれていたころから行っているが、会場が東京国際フォーラムに移ってから、素っ気なくなった感じがする。内輪の展覧会という感じで、海外から来たメーカーの人や、商社の人と非常に近い感じがした。オーディオ雑誌に評論を書いている人とも、容易に話すことが出来た。
 もっとも、当時は私より年下の人を探すのが難しいくらいだったから、私自身の認識も変わっているのかもしれない。

 ここ数年の特徴としては、続きを読む
posted by KENKOU at 21:06 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

卒業、そして

 一週間ぶりです。
 夏から秋へというより、夏から冬へ大きく季節が変わりつつある感じがします。

 今年の暑い夏は、政治の夏でした。しかし、私には余り熱さを感じませんでした。熱さというより違和感を感じつつ過ごした政治・選挙の夏でした。未だその違和感は癒えず、持ち続けています。

 ニュース番組を見るたびに、続きを読む
posted by KENKOU at 09:20 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

選挙結果が問う

 11日の深夜(正確には12日早朝)のあるテレビ番組で、自民党議員がメディアは自民党に批判的に報道したにもかかわらず・・・という発言をしていた。しかし、そういう風に感じた人はどのぐらいいただろうか。今後出るであろうメディアは批判に対する、予防線だったのではないかと思う。
 少なくとも、続きを読む
posted by KENKOU at 01:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

悩ましき法の縛り

(文書図画の頒布又は掲示につき禁止を免れる行為の制限)
第百四十六条  何人も、選挙運動の期間中は、著述、演芸等の広告その他いかなる名義をもつてするを問わず、第百四十二条又は第百四十三条の禁止を免れる行為として、公職の候補者の氏名若しくはシンボル・マーク、政党その他の政治団体の名称又は公職の候補者を推薦し、支持し若しくは反対する者の名を表示する文書図画を頒布し又は掲示することができない。
[公職選挙法 より引用]
続きを読む
posted by KENKOU at 02:36 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

凄いことを見つけてしまった

ちょっと季節はずれの感はありますが、

暑い時は、ローマ字変換で

allinone
続きを読む
posted by KENKOU at 01:09 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

小泉を誤解していた

 堀江氏が立候補するかどうかは別にして、執行部が擁立に動いているのが分かった。

 私は、小泉を誤解していたようだ。メディアもほとんど誤解している。

 小泉が言いたかったのは、政治は極めてフランクで、誰にでも出来ると言うことだ。政治には権力があるが、国会議員になるのにはそれほど敷居が高くないと。もちろん、小泉のように、ほとんど知識が無くても、一国の代表が務められる。
 必要なのは、「政界の中心で『正論』をさけぶ」だけでイイ。そうすれば、メディアや支持者が、深読みしてくれる。言葉多くに語ると、あらが見えてしまう。
 いくつかのフレーズを繰り返すだけで良いのだ。周りは信念の人と呼んでくれる。
 難しく考えることなど無い、政治はゲームなのだから。

 「永田町で、議員してみない?」
 そんな電話が、あなたにも来るかもしれない。

続きを読む
posted by KENKOU at 22:59 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

打ち水は救世主か

 打ち水が、暑さ対策に効果的だというのは、誰もが知っていることだ。
 ヒートアイランド対策として、東京・永田町の国会議事堂裏の道路で試験的に取り付けられた「打ち水装置」と「保水性舗装」に、路面温度を7〜10度下げる効果があったことが、国土交通省の調査で確認された。 [asahi.com: 「打ち水」効果で路面温度7〜10度下がる 国会裏道路 - 社会 より引用]
 ただ、
散水後5時間たっても効果が続いていることが確かめられた。
というのは新たな発見だ。

 全国で行われることになれば、気象全体に与える影響も無視できない。また、渇水であった場合はどうすべきかとか、水道を運用する際に必要な熱源と比較して、どの位メリットがあるのかも考察しないくてはならない。

 エアコンの連続可能動作時間を制限し、2時間連続使用すると、30分は動作しないというリミッターをつけた方が、効果的に思う。
 室外機の放熱を抑える方法はないのだろうか。
posted by KENKOU at 23:19 | 東京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

十二ある月の一つだけれど

 日本にとって、8月は慰霊の月だ。広島・長崎の原爆忌。そして敗戦記念日。20年前には日航機が墜落した。
 偶然だろうが、西暦の最終桁に5のつく年には、大きな出来事がある。10年前の1995年には阪神淡路大震災が発生した。今年は既に、福知山線の事故があった。

 今年は戦後60年の節目の年だと言われている。十二支では5巡目にあたり、一般的な定年の年齢に相当するからだろうか。人間のタームで考えると、続きを読む
posted by KENKOU at 23:57 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

ハタ日

 きょうは海の日だったが、由来とか、制定を働きかけていた支持母体について、どのぐらい知られているのだろうか。

 私自身は海の日の存在を知ったのは、続きを読む
posted by KENKOU at 23:17 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

来年こそは

 私事で恐縮だが、このブログにエントリーを始めて一年が経過した。
 エントリー数を見ると一時的につけていた「予定」を除き、200本余りになる。振り返って考えると、納得できるエントリーがあったのかと思うと恥じ入る限りだ。
 週に一回は是非読んでいただきたい言えるエントリーをしたいと思うが、自身の能力からすれば月に一回あれば、納得せざるを得ないのかもしれない。
 差詰め、月一を目標に駄文を綴らせていただきますので、お時間がありましたら、ご閲覧・ご批評下さい。

 最後になりましたが、決して長い時間ではありませんが、一年間に渡ってこのブログを続けられたのは、継続的にアクセスしていただいている皆様のおかげです。心より感謝いたします。
posted by KENKOU at 22:26 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

壊れていく記憶

 ハードディスクの調子が悪い。悪いというより、壊れたという方が適当だろう。
 自作機というのに手を染めて10年以上経過するが、ここまで壊滅的にデータが破壊されたのは初めてだ(自作機はハードディスクを使い回しするので)。フロッピーディスクが壊れ、何も読めなくなった経験はあるが、大量のデータが、復旧できないほど壊滅的に壊れたのは初めてだ。
 復旧を試みるが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:42 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

オバサマたちが韓国ドラマにはまるワケ

 30年前のドラマがリメークされ、きょうから放送が始まった。
 TBSのはしゃぎぶりに乗ってみた。1時間も見ないうちに、ストーリーが読める。
 はて?どこがで見た展開・・・

 そう、韓国ドラマである。あり得ない偶然と血の関係。それを結びつける、続きを読む
posted by KENKOU at 22:59 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

もっとかんたんに

 国益というのは、誰に対してですか?
 あなたが亡くなったあと、あなたの扱いに対し、周りの人たちと揉め事になることを望みますか?

posted by KENKOU at 23:21 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

インターネットの夜明けは、ビジネスの夜明け?

 先日エントリーした、「インターネットの夜明け」の配信が始まった。半分だけ見ようと思ったが、つい全部見てしまった。各回の時間が短く、ついダラダラ見てしまい、見終わったのは、今日の一時だった。
 6回ぐらいまでは月刊アスキーとかで読んでいたし、7回以降の内容はリアルタイムで見ていたので、あまり新鮮な驚きはなかった。
 ただ、規制の壁というのは高かったとも思うと共に、続きを読む
posted by KENKOU at 23:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

お詫び

 右の広告欄に、ある会社のメールマガジン登録のご案内をしておりました。詐欺的な行為を行う会社とわかりましたので、削除しました。
 広告を掲載する際には、私で内容等をチェックしておりますが、このような結果となり申し訳ありません。
 検索しますと、この会社の代表者は詐欺になりそうなところを免れ、詐欺に遭わないようにメールマガジンで述べておりますが、自社で同様の行為を行うとは呆れたものです。

 なお、このサイトより登録された方は確認しておりませんので、一定期間経過しましたら、このエントリーは削除いたします。

 何かございましたら、ここまで、ご連絡下さい。

 お詫びして、お知らせいたします。
posted by KENKOU at 22:53 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

90年代生まれの存在感

 子役で評価の高い役者は、大成しないと言う話をよく聞く。

 いろんな理由があるのだろうが、視聴者側にも原因があるように思う。ある程度の年齢であれば、加齢による急激な変化はあまりない。しかし、中学生以下の子役たちは、体、声、とさままざまな部分が急速に「成長」する。だが、視聴者にとって、その変化はあまり意識しない、というより意識できない。
 テレビの中で出演していた姿が、その役者の印象となる。しかし継続的に画面に出ていた一部の人以外は、姿・形が変化をすると、かつての評価はリセットされてしまい、再度やり直しになってしまう。いくら大人びている子どもたちが多いとはいえ、過去の栄光とのギャップに嫌気が差してしまうのではないだろうか。

 ドラマを見ていて、「上手い」と口に出してしまう子役が時々いる。2年前に放送された、「ニコニコ日記」の小箱ニコ役の永井杏さんの上手さには舌を巻いてしまった。感情の微妙な揺れを、表情で上手く表現していた。

 久しぶりに、そう思える子役に巡り会った。続きを読む
posted by KENKOU at 23:48 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

トラックバックについて

 このブログは私が思ったことを書いている。当然独りよがりになりがちなので、問題点をご指摘いただいたり、感想を頂けると非常にありがたい。

 先日も記したように、私は
Track Backを「inspired」という風に思っています。「是」「非」は別にして触れて頂ければ、コメントをするとか、私なりの意見をエントリーしてTrack Backするという方法がありますが、こういう場合はどうしていいかわかりません[KENKOU_BLOG: ブログとスパム、そして選挙 より引用]
 詳細はリンク先をご覧頂きたいのだが、ほとんどのトラックバックは、「similar items」という感じだ。

 あまり原則的なことを言いたくはないが、続きを読む
posted by KENKOU at 22:24 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

ソニーについて

 ソニーに元気がなくなって久しい。AV商品に限って言えば、明らかに戦略ミスだったと思う。何度か節目があったように思うが、見逃してしまった。
 特に、DVDレコーダーは低価格戦略によって、他社との遅れを埋めようとした。パナソニックやパイオニア、東芝といった先行していたメーカからマーケットを壊したと恨まれるほどだった。それかといって、それほどシェアを握ることは出来なかった。

 DVD書き換え可能ディスクでは、フォーマットが3種類も乱立してしまった。次期HDフォーマットは、一本化が検討されているが、流動的だ。ソニーの歴史にはフォーマットの戦いがつきものだ。ベータマックス、8mmVideo、3.5inchフロッピーディスク、MD、CD、DVD+、メモリースティック、ブルーレイなどなど、あげればきりがない。
 最近では、ミニディスクで利用されているATRAC3にこだわって、大きな柱のひとつである音楽プレイヤーでiPodに後塵を拝した。消費者が見えていない。最近になって、音楽圧縮のディファクトスタンダードであるMP3への対応を始めた。ソニーらしい商品は出てきたものの、予断は許さない。
 特に有機ELを使ったネットワークウォークマンiconは魅力的だ。下の写真の製品はソニースタイル限定だが、この兄弟機は既に販売されており、予約しないと買えないほど人気だ。大量投入できないところに問題はあると思うが・・・ 
icon
icon

AVの落ち込みを救ったのは、PlayStationだった。しかし、続きを読む
posted by KENKOU at 22:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

栗原はるみのかっこよさ

 日本一有名な主婦というのが彼女の称号なのだろうか。
 毎日放送の情熱大陸で彼女を取り上げていた。日本版マーサ・スチュワートという声も聞いたことがあるが、ベクトルは随分違うと思う。
 彼女を知ったのは、姉が作ってくれた料理だったと思うが、随分前のことで何だったか忘れた。ただ「簡単でおいしく」というのは、頭に残っていた。

 料理番組やCMと、「主婦」や「料理家」といった範疇からは超え、ブランドになっているというのは「簡単でおいしく」というより、彼女自身の魅力なんだろう。ただその魅力は、続きを読む
posted by KENKOU at 23:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

視聴率とか広告費

 4月からコメンテーターのでている番組を見るのをやめた。一番のきっかけは、ライブドアの一連の問題に対するいい加減なコメントを聞いていて、時間の無駄だと感じたからだ。井戸端会議の話を聞いても、「そうだ」とか「違う」の印象ぐらいだ。そういう方針を立てると、テレビを見ている時間が減った。

 先日も記したが、年間を通してTBSが視聴率でテレ朝に後塵を拝した。
04年度のテレビ各局の視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)がまとまった。フジテレビが全日(午前6時−翌午前0時)が9.3%で、ゴールデン(午後7−10時)、プライム(午後7−11時)−と合わせて12年ぶりに3冠を奪還。全日は、2位日本テレビ(9.2%)、3位テレビ朝日(7.8%)という結果。開局以来最高の数字で34年ぶりにベスト3のテレ朝の躍進の一方、TBSに元気がない。[Yahoo!ニュース - 夕刊フジ - TBS視聴率テレ朝に抜かれ、みのでズバッと元気… より引用]

 かつてはフジ・日テレ・TBSの三強だったのが、TBSが脱落しそれにテレ朝が追いついた格好だ。私がTBSの凋落を一番感じるのは、ドラマだ。
 昨年では「オレンジデイズ」は、続きを読む
posted by KENKOU at 22:40 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

明日の行列について

 明日の朝から、オレンジ色の看板に吸い寄せられるように行列が出来るはずだ。
 iPodとかPSPのためではなく、500円玉でおつりが出るもののために。
 カメラを持った人が、感想を求める。最初と、最後にそそれを口にした人が、レンズに向かって勝利宣言をする。
posted by KENKOU at 23:07 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

テレビニュースとエンタテイメント

 ワールドカップの予選で一戦目を日本が勝利した。地上波で放送しているテレビ朝日のはしゃぎぶりは、大丈夫だろうかとさえ思う。テレビ朝日の筆頭株主である朝日新聞がワールドカップのスポンサーであることから当然なのだろうか。

 また、昨年の全日視聴率でテレビ朝日がTBSに並び同率3位となったことも、自信を後押ししているのだろう。たしかに見るに堪えないドラマとかも、改善されてきたように感じる。
 ただ、報道色の強い看板場組で大半をワールドカップの予選絡みに割くというのは、バランスを欠いているのではないだろうか。

 恐らく、試合に負けた時に時間をつなぐために準備したビデオだと思うが、在日朝鮮人の人たちと日本人という対立軸で描いたビデオも目立った。「友好」という側面で考続きを読む
posted by KENKOU at 23:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

著名なプログラマーって

 アクセスログを見ていて気になったことがあるので、少し。

 わたしが引用したのが悪かったのかもしれませんが、松下問題で「不買を表明している著名プログラマー」探しをしている方が多いようです。Googleで一番上に来ているリンクは、(そのかは不明)著名なプログラマーの方のサイトです。真偽のほどはわかりませんが、ご本人が
「著名なプログラマー」って、もしかしてもしかすると私のこと?
(Matzにっき より引用)と書かれているので、間違いないかと・・・。

 Rubyを開発されたまつもと ゆきひろ氏のようです。

 ただ、Rubyを知らないと「誰?」と言うことになるかもしれません。一時期話題になった(失礼か)オブジェクト指向スクリプト言語です。PerlとかPHPよりはマイナーかもしれませんが、日本人の方が開発した言語として有名ですし、WikiのRuby仕様や、メールソフトのBecky!のスクリプトなどは結構メジャーなのではないかと思います。

 詳しくはRuby (オブジェクト指向言語Ruby)からどうぞ。
posted by KENKOU at 23:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

自身のことを棚に上げて

 一太郎裁判?の余波は、未だ続いているようである。判官贔屓なのかもしれないが、ジャストシステム有利は揺らがないようである。
 今朝の社説はほとんどがこの裁判を扱っている。この事と、一部新聞社のあの裁判について触れてみたい。
 今日中に書けそうにないので、取り敢えず「毎日更新の」のための落書きです・・・
posted by KENKOU at 23:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

自分で判断すると言うこと

 ボーッとしている間に色々なことが起きました。

 たとえば、NHK対朝日新聞という歪曲された対立軸の中で、(意図的かどうかは別にして)本質が見逃されている問題。

 件の政治家も、番組内で批判していたという某氏も見ていないのに、「批判」だけが一人歩きしている。「裁判」を見ていないメディアが、「伝聞」によって批判の論を張り、論点をずらす。
 ブログや掲示板を見ても、持論に沿った「伝聞によって作られたメディア」の記事を論拠に、「正論」のごとき文字を綴る。

 朝日の報道が杜撰だったのは、異論はないだろう。不確かな部分が多すぎる。それを文字で反論できないというのは、情けない限りだ。法廷という手段の前に、文字で取材内容と明確な問題点を明らかにすべきだろう。右だとか左の前に、説明不足では誰も説得できない。
 しかし、そういった反論の前に、番組の内容そのものや題材の「裁判」に言及した讀賣とか、産経という新聞は、日常的に自身の記事が与党の影響下に作られているということを露呈したのに過ぎないのではないだろうか。

 たぶん件の番組を見た人は非常に少ないだろうし、続き
posted by KENKOU at 23:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年11月30日

不感症は問題だ

歴史教科書発言、文科相「個人的な発言控える」 (YOMIURI ON-LINE / 政治)
「文科相という立場になった以上、かつての個人的な考え方についての発言は控えるべきだった。今後は差し控えたい」と述べた。
教科書発言で中山文科相陳謝「慰安婦の方々におわび」 (asahi.com : 政治)
「そういった方々がおられたということは認識している。慰安婦として心身にわたって癒やし難い傷を負われたすべての方々に、重くおわびと反省の気持ちを申し上げたい」と陳謝した。
これに加えて
教科書検定に介入する意図はないことを強調した。
と加えたところが、批判するのが好きな人たちの言う「朝日らしさ」続きを読む
posted by KENKOU at 23:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年11月25日

やっぱり野球は見ない

楽天・一場、背番号「11」 ドラフト指名大学生4選手が仮契約 (報知)
契約金は1億円、出来高5000万円、年俸1500万円(いずれも推定)の上限いっぱいの満額評価だ。
 やっぱり楽天は、巨人と全く体質が変わらない気がする。満額評価だと言うことは、彼は何も責任を問われなかったと言うことになる。
 楽天も、彼を大人にしてやることが出来なかった。成績さえ良ければ、スター選手として評価され、結局巨人に移籍するのだろう。
 オーナーがバブル企業の代表だからしようがないのかもしれないが、幼い大人がまた増えることになる。
posted by KENKOU at 23:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。