2008年09月24日

使わない公衆電話にもあなたのお金が使われている

 最後に公衆電話を使った日を覚えているだろうか。
 生活環境などにも因るのだろうが、「そう言えば」という人も少なくないはずである。最近はGSMが利用出来る携帯電話が多くなったこともあり、海外に旅行しても携帯電話(決して安いとは言えないが、日本からの電話を直接受けられるのは魅力的)でという人もいるだろう。そうすると、続きを読む
posted by KENKOU at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

「300日問題」の解消は全て良しなのか

 いわゆる300日問題だが、
 増田総務相は27日午前の閣議後の記者会見で、民法772条の「300日規定」の影響で無戸籍となった子らを住民票に記載するための3基準を発表した。
(中略)
 基準は、〈1〉出生証明書などで日本国籍を有することが明らか〈2〉300日規定によって出生届を提出できず、戸籍に記載されていない〈3〉裁判所で強制認知の手続きなどを進めている――の三つだ。
[無戸籍の子に住民票、「日本国籍を持つ」など3条件発表 (読売新聞)]
で、前夫の了承がなくても続きを読む
タグ:モラル 法律
posted by KENKOU at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

七日後現場で感じたこと

 駅を出て少し歩くと、あの香りがした。少なくとも日本人ならば、寺院もない場所で、線香の香りがすれば、「何かあった」と想像するだろう。
 いつもの賑わいだと感じたが、この町を訪れる人が、ちょうど一週間前にこの先で何が起きたかを知らないはずはなく、囁く声、そして口元を抑える女性の顔が、現場が近づいている事を否応なく感じさせる。

 ちょうど現場前の横断歩道前には、脚立に乗って撮影する複数のカメラマンが、混雑を更に酷くした。現場にはたくさんの花やペットボトル、線香に加え、テレビカメラや夥しい量のスチールカメラが、いかに大きな事件が起きたかを現していた。aki061508.jpg

 事故現場横のソフマップ前の献花台には、続きを読む
タグ:事件
posted by KENKOU at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

アキハバラという町。

 秋葉原で無差別殺人があった。だが、町を歩いていた人たちも、許せない犯人も、訪れたのはアキバ、アキハバラ、AKIHABARAだったのだろう。もし、私が最初に行った町のままだったら、電気街だったら、土地勘があまりないと思われる犯人が、車で向かうことはなかっただろう。人が集う「スポット」だから、標的を合わせたのだろう。

 ずっと前に、遅くともヨドバシカメラ マルチメディアAkibaの開店が、秋葉原から「電気街の」を取り除き、akibaにした。

 かつて、続きを読む
タグ:事件
posted by KENKOU at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

「あの料金」はなぜ隠されているのか

 無くなるようで、なかなか無くならない料金がある。日本人のほとんどが所有していると言われながら、別料金になっている「あの料金」。

 「あの料金」は、総支払額の5%から10%近い割合を占めるにもかかわらず、その課金には無頓着な人が多い。「あの料金」は、料金値下げ競争が騒がれながらも、聖域化されてきた。「あの料金」は、ほとんどの人が利用しているにもかかわらず、ずっと「別料金」だった。

 「あの料金」とは、続きを読む
posted by KENKOU at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

家族会にも戦略を

 北朝鮮の拉致被害者とその家族の帰国から、来月で丸5年を迎える。かつて、残留日本兵が帰国した騒動を知らないものにとっても、文字通り「奪還」の興奮を日本国民が共有したように思う。この奪還に対する政治の力を見せ付けられたのは事実だが、思惑が入り乱れての奪還だったのも事実だろう。
 小泉・安倍の権力の源泉は、「北朝鮮による拉致」に因るところが大きい。とりわけ、安倍にとっては、「拉致」以外に「売り(≠実績)」がないわけだから、当然だ。本質ではないが、両政治家に対する信頼(する人たち)のベースになっているのは確かだろう。

 それを「うまく」使ったのが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

テレビ局は、井戸端会議「場」から抜けられるのか

 最近テレビ番組を見る機会が増えた。最近といっても、ここ数週間のことであり、もう見るのは止めた。

 見ていたのは、関西の情報番組だ。といっても、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

病院でケイタイの電源を切るのは命を守るマナー

 先日の事件で、「闇の職業安定所」なる携帯サイトが話題になった。この手に事件が起きると、規制論議が交わされるのは「お約束」だ。こういった「裏」が蔓延るのは、インターネットは、「匿名」がある程度確保されるからである。しかし、「匿名」がもたらした効果は、弊害を大きくまさる。事故の原因だといって自動車を廃止できないのと同様に、インターネットをなくすことは出来ない。

 日本において、「インターネット」が大衆化したのは、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

情報公開をしないTBSには、取材拒否の「方向」で

 東京放送が相次ぐ不祥事を受けて、こっそり処分したらしい。
 TBSの番組を巡る不祥事を受け、TBSと子会社のTBSテレビが、取締役19人と両社の社員13人の計32人を3日付で処分していたことが5日、わかった。
 両社の社長を兼務する井上弘社長は報酬の一部を自主返上する。社外取締役を除く全取締役が責任を取った形となる。
(中略)
 「みのもんたの朝ズバッ!」では、井上社長が報酬1か月分の20%を返上するほか、19人の取締役が5〜10%の減俸1か月。取締役のうちTBSテレビの制作局長を出勤停止3日。このほか、制作局情報センター長を同2日、担当プロデューサー3人を減俸の処分とした。「ピンポン!」では、チーフディレクターを減俸、制作局情報センター長ら4人をけん責。「イブニング5」では、プロデューサーら5人をけん責処分とした。
[TBS不祥事で32人を処分、社長は報酬一部を自主返上 : (読売新聞) より引用]
 各紙が「わかった」という風に報じているのは、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

迷走する怒り

 感情を表す際、ある程度のTPOを弁える必要があると思う。しかし、だからといって、必ず守らなければならない、ルール(社会マナー)だとは思わない。
 時には、怒りをストレートにぶつけるということも必要だと思う。日本語(同じ言語)を母国語としながら、「共通言語」を持たない、若しくは理解しようとしない人が、少なからず存在しているからだ。だから、続きを読む
タグ:裁判 復讐 時評
posted by KENKOU at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

夏の暑さは土(自然)の叫びではないのか

 温暖化が原因なのかどうかは不明だが、今年も暑かった。
気象庁は3日、この夏(6〜8月)の天候のまとめを発表した。全国153か所の気象台と測候所のうち、半数以上の85か所で35度以上の「猛暑日」の日数が平年を上回り、アメダスも含めた821地点のうち101地点で、それぞれの観測史上最高気温を更新したことが分かった。
[今夏、やっぱり暑かった…101地点で観測史上の最高気温(読売新聞) より引用]
 日本の半数(八分の一)以上が、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

TBSは大丈夫なのか

 メダルの有無は余り関係ないと思うが、今回の世界陸上はほとんど見なかった。少し見ては消すというパターンが多かったが、最大の理由は、実況アナウンサーが耳障りだった点だ。以前にも触れたが、アナウンサーに限った事ではないが、TBSは職員を育てようという努力を怠っている。
 30歳過ぎの中堅女性アナウンサーが結婚などを機に相次いで退職し、続きを読む
posted by KENKOU at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

全日空が顧客を批判してまで守る「定時出発」に孕むリスク

 昨日エントリーした、全日空の「閉所恐怖症搭乗拒否事件」だが、広報資料は更に過激だったようだ。
 飛行機は定刻より二十分遅れで羽田空港に到着したが、鳥取空港所の担当者は怒りが収まらず、報道機関に「本日の鳥取便運航について」とする広報資料を配布。資料では、事情の説明をするとともに、降りた女性の言葉を「あぜんとするような理由」と、ばっさり切り捨て。さらに今月十六日に乗客が体調不良を訴えて引き返した事例も挙げて「原因が閉所恐怖症であるにせよ、点滴を受けるほどの体調であるにせよ、ほかのお客さまのご迷惑を考えれば搭乗すべきではなかった」としている。担当者は取材に対し「われわれは定時出発のためにやっている」と強調していた。
[「乗ってみたけどダメだった」閉所恐怖症で離陸止める より引用]
 これは、体調に不安のある人はもとより、続きを読む
posted by KENKOU at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

全日空は初心者お断り?

 今ではさほどでもないが、離陸の時は緊張するし、ジェットコースターの類に乗るといつも後悔する。そして、人に迷惑をかけないようにしろと育てられたし、そうありたいとも願っている。
 下記の記事の女性がどうだったのか不明だが、続きを読む
posted by KENKOU at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

テレビの倫理観の凋落を阻止すべきだ

 テレビが登場した頃、新聞やラジオの危機感は相当だったらしい。当時、危機感を持っていた人たちが、今の朝のニュースショーを見れば、驚くに違いない。番組の大半を、新聞の紙面紹介に依存しているからだ。
 とは言え、新聞は新たな「敵」である「ネット」と戦ってはいるが、極めて厳しい戦いを続けている。全国紙の中では毎日新聞、産経新聞の惨状は相当である。両紙はネットで新しい道を模索しているが、新たな収入源とまで入っていないようだ。

 新しかったテレビというメディアも、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

TBSの鈍感力も異常

 みのもんたが夏休み中のようだが、政治に関する発言が多く、参院選の結果が出る前に夏休みを取るのは無責任ではないかという記事を目にした。TBSによると、以前から家族との行事が予定されており、参院選が予定よりも延期されなければ出演していたと言うことだった。

 しかし、逃げたいものがあったからではないのか。というのも、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

こんな事件はなぜ

 被害者の方にとっては、とても大変な事件だったのは想像が付く。しかし、第三者にからすると、どうしてなんだろうと好奇心が先に立つ。続きを読む
posted by KENKOU at 00:18 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

安倍・朝日の歴史的和解について

 コロッケの牛肉偽装問題だが、どうして今ごろ出てきたのだろう。

 この問題は朝日新聞のスクープで、
 朝日新聞社が4月〜5月、北海道と東京で計4品を購入し、DNA鑑定した結果、いずれも豚肉だけか、豚肉が大半を占めていた。材料表示は「牛肉」「牛脂」だった。
[asahi.com:コロッケに偽ミンチ、生協が全国販売 北海道の業者出荷より引用]
続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

厚労省の対応は速かったが・・・

 先日も、ラド・インターナショナル・カレッジ日本校という、英会話学校が自己破産を申請し破綻した。語学学校の破綻は、「戸惑う受講生の声」が、「突然で驚いた」というのが定番だ。

 NOVAの経済産業省から一部業務の停止命令も、すわ破綻という心配をした受講生も多いはずだ。この業務停止命令で、NOVAのサイトを見たときに、「教育訓練給付制度」が大きく取り上げられていることが気になった。

 教育訓練給付制度というのは、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

来週の週刊新潮が楽しみ

 今週号(6/14発売)の週刊新潮で、コムスン問題を触れられていないこととが、話題になっている。

 今週号の「シリーズ介護最前線」という記事には、今までは横半分に掲載されていたコムスンの広告が消えている。広告が消えただけなら、処分を受けた「配慮」と言えなくもない。しかし、「何もなかったような」扱いには、違和感を感じない方が不思議だ。

 以前からこの特集が掲載されていたのは知っていたが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

駐車違反対策は、功を奏しているのか

 法律が悪いのか、マナーが悪いのかは分かれるが、
駐車違反をした車の運転者が反則金を納めない場合に、所有者に同額の「放置違反金」を科す制度が昨年6月に導入されたが、その後の1年間の納付状況を見ると、全体の73・2%が「放置違反金」として納められていたことが、警察庁のまとめでわかった。
 運転者ではなく所有者として放置違反金を納めれば免許点数が減点されないため、自分で運転していたのに他人が違反したように装ったドライバーが多いとみられる。反則金を踏み倒す「逃げ得」解消を狙った新制度だが、「減点逃れ」を生んでいるとの批判も出そうだ。
[駐車違反で減点逃れ 「運転者」より「所有者」で違反金 : (読売新聞)より引用]
 違反金のノルマがある警察官にとっては、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

コムスンを特異な問題として矮小化すべきではない

 先日もエントリーしたが、グッドウィルグループも、その代表者である、折口という人間も胡散臭く、信用ならないと感じている。従って、コムスンを傘下にして介護事業を始めると言ったときも、街を走っている車を見ても胡散臭さを感じていた。

 しかし、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

コムスンは「消えた年金」のスケープゴートだったのか

 日曜日の朝に放送されている、サンデープロジェクトという番組がある。

 かつては、報道2001、日曜美術館、サンデープロジェクトと毎週見ていた。テレビを見なくなったということと、田原総一郎の劣化ぶりもあり、月に一回見るか見ないかである。それ故、現在は違うかも知れないが、このサンデープロジェクトのスポンサーは相次いで不祥事を起こす。「硬派」というのには異論があるかも知れないが、いくつかの裏番組よりも視聴率は低く、スポンサーを探すのは困難だから、ネガティブ業界のCMが多いのかも知れない。

 今話題の「コムスン」も続きを読む
posted by KENKOU at 22:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

Scoop! 年金は○○○だった

 年金の情報を追っていて、こう思った。
       以下のように、政府が宣言すればいい。
続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

不二家の再起は可能なのだろうか

 不二家の操業再開は、想像以上にうまくいったように感じた。企業のブランドの底力なのだろうか。
確かに、幼い頃は不二家のお菓子に慣れ親しんでいたが、歳を重ねるにつれ、あまり不二家に対する思い入れがなくなった。洋菓子などは、苺のホールケーキを食べたいなどと思うこともなくなった事を、事件が発覚し思ったくらいだ。

 したがって、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

地震、デジタル、紙、虚し

 日本に地震が多いのは当然だと思っていたが、人が亡くなる大きさの地震が相次ぐのは天変地異が継続している兆しというか、今生きている私たちも、地震で命を失う可能性が少なくないということである。

 特に、1993年の北海道南西沖地震1995年の阪神大震災まで相次ぎ、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

子どもの未来を優先すべき

 週刊誌によると、柳沢の「産む機械」発言の言葉を、NHKが視聴者に不快を与えるとかで、急に扱うのを止めたという記事を見た。その記事には、政権に対する配慮という見方が強いという書き方だったが、正しかったようだ。

 今日出た判決だが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

厚労省はなぜタミフルを守るのか

 厚生労働省は、国民に目を向けようとしないのはなぜなのだろうか。
 何回かエントリーしたが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

官制クチコミサイトに期待する

 なかなか画期的で、刺激的な案だ。
内閣府は、一般消費者からの製品・サービスによる事故情報を直接吸い上げる「安全安心のための書き込み自由の事故情報データバンク」(仮称)を創設することを決めた。19日開かれた国民生活審議会の安全・安心の確保策に関する検討委員会で合意した。08年度にもスタートさせる予定だ。
(中略)
 内閣府は事故にあった消費者が直接、情報を入力、すぐに関係省庁で共有できるようにする。具体的には、同センターが運営するホームページに、消費者が死亡・重大事故の情報や、一歩手前のヒヤリハット情報について書き込めるようにする方向だ。
 入力されたデータは、同センターが分析し、必要に応じて公表。関係省庁や自治体は自由に閲覧できるようにする。
[asahi.com:消費者が書き込む「事故情報バンク」、内閣府が創設へ - 暮らし より引用]
 カカクコムや2ちゃんねるなどのクチコミを、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

動画投稿サイト

 二強という事になるのだろうか。
米マイクロソフトは17日、動画投稿ウェブサイトを今年9月までに日米など主要21か国で開設することを明らかにした。
[MSも動画投稿サイト開設、ユーチューブ追撃へ :(読売新聞) より引用]
 インターネットの場合、圧倒的な一つの勝ち組とその他になることが多い。たとえば、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

堀江というのは今の世の中の象徴なのだろう

 やはりというか、堀江は有罪だった。
 テレビをはじめじっくりと何も見ていないのだが、公判中の報道から見ても、無罪になるはずがなかった。完全に戦略を間違ったとしか言いようがないだろう。恐らく、一つの時代が終わったとか、有り体の言葉で表されることになるのだろうが、彼が信じたものは、ホンモノでなかったということだろう。

 巷間言われていることだが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

タミフルは未だ容疑者?

 一千万円もか、たかが1,000万円くらいなのかは、わからない。続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

早くも「利下げ」の効果

 目的を達成してしまうと、「世論」は次第に興味を失う。この場合も同じだ。
 消費者金融の大手4社の審査が厳しくなっているようだ。続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

JALはやっぱりダメなのか

 トラブルが起きたとき、本質が問われる。今日起きた航空機事故でも、機長をはじめ乗員の対応が冷静だったようで、批判されるどころか褒められている。

 トラブルが起きようが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

日本の市場は不透明でいいのか

 日興CGの上場が維持されることになった。
 予想外だと思った人が多いと思うが、規約に基づいてというよりは、何らかの配慮があったのは確かだろう。先日のエントリーも上場廃止になるという前提で書いたが、前提が間違っていた以上、推測も全くの見当違いだったということになる。

 日興CGの会見を見る限り、シティへの傘下入りの影響も少なくないだろう。株価の安定という側面から見れば、極めて正しい判断だったということになるのだろうか。

 少し違った側面から見ると、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

美しくない日本人たち

 今日の毎日新聞の余録だが、文面のまま読めばいいのだろうか。
 団塊世代の受験勉強は、詰め込みと丸暗記だった。日本史の参考書に「福岡県の志賀島(しかのしま)から金印を掘り出した農民の名前は?」という問題があった。正解は「甚兵衛」である。こんなことまで覚えるのかと腹が立った▲が、おかげで甚兵衛という名前は頭の隅に残っていた。先日、本屋の店頭で三浦佑之氏著「金印偽造事件」(幻冬舎新書)のページをぱらぱらめくっていると、思いがけず甚兵衛さんに再会した。なんと甚兵衛は架空の人物だ、という▲それどころか「漢委奴國王(かんのわのなのこくおう)」と刻まれた有名な金印は、江戸時代に偽造されたものだという。
[MSN-Mainichi INTERACTIVE 余録 より引用]
 この本は昨年の末に発刊されたが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

信頼は落ちるばかりだ

 人間のすることに間違いがあるというのは、誰もが知っているし、自身で思い当たることのない人はいないだろう。しかし、その後どうするかによって、人の「質」や「各」が問われることになると思う。さしずめ、「浄水器の」松岡などは、いかに人としての質が低いかを証明してくれているようなものだ。

 松岡に限らず、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

幸せだったのかなぁ

 かつては、近親者の結婚も少なくなかったという話を聞いたことはあるが、民法で認められているいとこ同士とかだろう。
 民法が禁じるおじとの近親婚の関係にあった茨城県内の女性(67)が社会保険庁長官を相手に、遺族年金の不支給処分の取り消しを求めた訴訟の上告審判決が8日、あった。最高裁第一小法廷(泉徳治裁判長)は「おじ・めいの内縁関係でも、生活期間の長さなどに照らして反倫理性、反公益性が著しく低ければ受給権は認められる」との初判断を示し、原告側を逆転敗訴させた二審・東京高裁判決を破棄。女性の勝訴が確定した。
[asahi.com:おじ・めいの近親婚でも遺族年金の受給権 最高裁初判断 - 社会 より引用]
 禁断の恋などと、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

勉強したあなたはいい仕事に就けましたか?

日本の小学生は、中国や韓国に比べて、将来への期待や勉強などに対する意欲が低い実態が、財団法人「日本青少年研究所」の調査結果から浮かび上がった。
 「勉強すれば、将来いい仕事がある」と言って子供を励ます親の割合も、日本は最も低かった。同研究所では「日本では勉強が出来ても将来への保証にならず、小学生のうちから勉学への目標や意欲を失ってしまっているのではないか」と分析している。
[日本の子、将来に期待薄…日中韓小学生調査で明らかに : (読売新聞) より引用]
 この手の情報は、安易なエントリーが可能なので飛びついてしまうが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

テレビについて思うこと

 地上デジタル放送になると、一局当たり「同時」に三つの番組を放送することが技術的に可能である。たとえば東京であれば、30局(旧UHF局などを含めると)ほどの地上局放送が物理的に可能だ。
 新規参入する企業があるかどうかは別して、地上デジタル化に当たり、高画質化ではなくチャンネル数を増やすことになっていれば、テレビ局は質の向上に目を向けていたのかも知れない。それとも、視聴率競争で、より下品な放送になっていたのだろうか。

 テレビ局の正社員や多くの出演者が一般の人に比べ高収入なのは、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

こんな総務大臣でいいのか

 「類は友を呼ぶ。」という言葉が、ぴったりだ。
 菅総務大臣というのは、何も考えない人というより、戦略的に考えるという人だと感じる。安倍の応援団だというのも納得だ。幼児並みに、続きを読む
posted by KENKOU at 22:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

銀行にお金を預けると言うことの意味とか

 日本の存在意義の大きな柱は「平和」であったはずだ。
 憲法九条や非核三原則が実効していたかどうかを別にして、人を傷つけるようなことはしないという国家的理念は、多くの国に一定の評価をされ、尊敬を集めていたと思う。

 「普通」の国になることによって、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

タミフル-国民に明らかに出来ない「副作用」が潜んでいるのだろうか

 あのヒトほど毀誉褒貶のある人はいない。
 ヒトというのは適当ではないが、昨年はカミのように崇められていた。しかし、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

まずは情報公開から -2-

 驚くことに、「個別音源機器類仕様策定委員会」の報告書の指摘は極めて妥当である。この様な報告書がありながら、現行の「ソニー製」を選んだ理由がわからないくらいだ。ただ一点を除いて。

 2万円足らずの受験料で、900円の価格差は小さくない。しかし、この報告書で指摘されているように、続きを読む
posted by KENKOU at 23:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

まずは情報公開から -1-

 不祥事を減らす手段は、情報を公開することだ。アメリカやイギリス、そして韓国でも、機密度が高い情報でも、一定に股間があると情報が公開される事が多い。情報公開という意味では、日本は圧倒的に後進国である。政府の重要な決定事項も、プロセスが公開されないから、歪んで決定されることも少なくない。
 改革を叫んだ小泉政権下でも、密室で決定されたことも少なくないし、「通信・放送の在り方に関する懇談会」も、途中から公開されていた懇談会の動画映像がふたたび非公開になった。

 安倍政権の柱である教育再生会議も、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

金属の盗難事件はシグナルである

 金属の盗難が相次いでいる。ステンレス製ポールが70本も盗難にあったという。

 先日は半鐘が39個も盗難にあった。側溝のふたや電線などを買い取った販売業者は、工事業者などの廃棄物だと思って買い取っていたようだが、半鐘ともなると販売するのも難しいだろう。

 かつての日本人の道徳心からすれば、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

美しくない普通

 「普通が良いこととは思わない。」そんなことを思うようになったのは、それ程昔のことではない。とりわけ、強く思うようになったのは、最近の日本の政治である。

 自衛「隊」や、憲法改正など、「普通の国」を目指すことを金科玉条のように語っている安倍をはじめとする政治家を見ていると、「普通」というのは恥ずかしい言葉なんだと思うようになった。同じ事を言っていても、「最高の国」をという方が、いくらかマシだと思う。「みんな同じだった良いよね」という「普通」という言葉からは、理念も強い意志も感じない。付和雷同である。

 オスロで、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

「合法」というのは許されているのではない

 幼い頃に、「捨て子だから」などと脅された経験のある人は、少なくないだろう。私も、親の言うことを聞かないと「橋の下から拾ってきたから」などといわれた記憶がある。
 パスポート取得の際、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

Canon製品の購入を躊躇うあたくし的理由

 カメラが好きな人間にとって、キャノンかニコンかというのは、宗教論争的な響きを感じる。私は、父の影響もあり、中学生の時に買った最初の一眼レフは、Nikonだった。よく遊んでいた知人がCanonで、拙い知識ながら「議論」をしていた。

 今では、カメラというとデジタルカメラのことを指すが、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

検索で、ゆりかごから墓場まで

 ネットの広告が増えたというのは、データとしては知っていたが、大きく変わったと感じたのは、昨年からだ。「検索」のボタン付きのテレビや新聞、雑誌の広告が顕著に増えたからだ。
 かつては、わかりやすいドメインを取ることがアクセスを集める手法とされ、事実だった。長いドメインや紛らわしいアドレスは、入力するのが面倒だし、特にテレビのような一瞬で消える広告では、何の価値もなかったからだ。

 また、検索エンジンによるアクセスいう手法があり、続きを読む
posted by KENKOU at 23:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。